転職活動最大の武器

たかが紙切れでも強力な武器になる

職務経歴書は良くも悪くも貴方の武器となり得るものです。
企業側に貴方自身の経歴や実績、スキルなどを伝える為に非常に重要視されるべきものですから履歴書以上に作成には気を遣う必要があります。

履歴書と違ってこの職務経歴書には規定のフォーマットが存在しない為、自身で考えて作成しなければなりません。
とは言ってもネット上で検索をかければ職務経歴書の見本は幾らでも出てきますのでピンときたものを選択すれば良いです。
ただの文章の羅列では見る側も一通り目を通すのも苦痛になりますからいかに見やすい職務経歴書を作るかというところから始めましょう。

何を書くかはある程度任意ですが職務要約という自身の経歴の概要をまとめる項目は必須項目と言えるでしょう。
応募者数の多い企業では一つ一つ全てに目を通すことは難しいことを考えると一目で見てある程度を把握できるこの項目こそ力を入れるべきです。

意味のないことは書かない

いくら貴方が優秀な人材で過去の経歴、実績が素晴らしいものであっても企業側がそれを求めていなければ何のプラスにもなりません。
企業側が求めている人柄、特殊なスキルを持った人材など需要に応える形でなければ好ましい結果を得ることは難しいでしょう。
求人広告や募集要項などを深読みし、企業側が本当に求めているものを与える形でこそ輝くことが出来るのです。

特に即戦力になりうる経歴、実績は非常に強力です。
企業側からすれば当然一から教育するより十から教育する方が時間と労力を割く必要もなく負担も少ないですから当然ですね。

職務経歴書に書く情報は非常に取捨選択が難しいところです。
選択を誤れば十分なパフォーマンスを発揮することが出来ませんし、企業とマッチした情報を選択出来ればあとは貴方のPR能力次第で十二分に発揮することも可能です。


この記事をシェアする