他者より優位に立つ為のツール

自身の言葉でPRをする

履歴書を書く際に志望動機や自己PR欄でどうしても志望する企業の経営理念や行動指針などを盛り込みたくなると思います。
さりげなく混ぜるぐらいであれば丁度良いですが露骨に引用してしまうと自身の言葉でない以上、面接時にボロが出るのは必至ですし企業側からもあまり良い印象をもらえることはないでしょう。

企業について調べることは悪いことではありませんがあまりにも調べ尽くし過ぎてPRが不自然になることも考えられますので調べるのは程々にして残りは自身の言葉で何をどうしたいか、自分ならこう出来るなど具体的にまとめるのが理想です。
実際に作成してみて自身の言葉での説明に詰まるようであれば内容自体を見直した方が面接時にスムーズな問答になり印象も悪くなることはないでしょう。

突っ込みどころをおさえる

履歴書を元に面接時に質問をされることはお決まりです。
自身の学歴と志望する企業の業務内容とにズレが生じている場合は当然どのような経緯で志望するに至ったか問われますし転職であれば何故辞めたのかといった内容を聞かれることは大体予想がつくと思います。
これらの質問に対し、いかに前向きな解答を用意するかが重要となります。

完成した履歴書を元に質問を想定して事前に答えを準備しておくことで面接時に沈黙が続くというリスクをおさえることが可能になりますがそれだけで安心せず万が一想定外の質問をされた場合にも臨機応変に対応出来る冷静な心が必要となります。
第三者の協力を得て履歴書のチェックと併せて模擬面接等も行ってもらうと本番に備えられますね。


この記事をシェアする